千の風【東大阪】のお葬式エピソード

エピソード3

【東大阪瓢箪山式場】田舎で育った父を、家族葬で見送る

父の住む地域では、昔から大きいお葬式が主流。しかし、静かに見送りたかったので、菩提寺やご近所にお伝えをして、家族葬をすることに。

父は生まれてからずっと東大阪の田舎の方で育ち、お寺とも先祖代々お付き合いがありました。特に昔は、近所の方もたくさんが参列する、大きい規模の葬式が当たり前でした。しかし、父もそのような葬式をしてほしいと言っていなかったのと、静かに落ち着いた気持ちで見送りたいという私の希望もあり、家族葬を行うことにしました。

でも、ご近所に何も言わないでというのも不義理なものだろうか。誰にどのように伝えたらいいのか、と悩んでいると、千の風の担当の方から、自治会や老人会に対して家族葬を行うということを伝えてはどうかとのアドバイスをもらいました。そこで、そのようにすると、みなさまにすんなりご理解いただくことができ、とてもほっとしました。
お寺には電話で連絡を入れて、枕経と、通夜、告別式の日程などを決めましました。

葬儀については、父の容態が悪かったため、あらかじめ相談を千の風東大阪さんにしていました。その際に、葬儀費用のことから内容まで、ある程度決められていたので、打ち合わせはすぐに終えることができました。
式場は明るくて、雰囲気が良かったです。こんなきれいな式場で送ってあげられるなんて、父もさぞ喜んでいると思います。
お酒好きだった父のために、生前よく飲んでいたビールと日本酒を用意して、棺に入れられるよう工夫してくださったこと、ありがたかったです。

葬儀情報

式場
東大阪瓢箪山式場
告別式
11名
宗教
浄土真宗本願寺派
通夜
13名
葬儀
家族葬

担当プランナーより

故人様が生まれてからずっと住む地域では、近所のお手伝いや参列がたくさんある葬儀が主流だったとのことでした。しかし、家族のみでゆっくり送ってあげたいという希望を、喪主様よりお伺いしました。
そこで、自治会や老人会に対して家族葬で執り行う旨を伝えるようご提案をしました。また、菩提寺のご住職にも連絡して、葬儀に来ていただくお願いをする必要があることをお伝えしました。
故人様はお酒が大変お好きだったということでしたので、棺に納めることのできないビンや缶の代わりに、ビールは紙コップに、日本酒は紙パックの物をご用意し、棺に納めて火葬できるよう工夫しました。些細なことですが、お喜びの声をいただくことができたので、よかったです。

東大阪のご葬儀:お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・
お問い合わせください!

カンタン1分!

無料会員登録で葬儀費用15%OFF!
万が一にも慌てなくて良いよう
事前登録をおすすめします。

ご葬儀について疑問や不安、まずはお気軽にお電話ください。

タップして今すぐ電話をかける tel:0120-510-513

ページトップへ戻る