「千の風」をご利用頂きましたお客様インタビューです。

お客様ロングインタビュー一覧

すべてはお客様のために

千の風では、これからご儀をなされる方の為に、千の風の葬儀を終えられた全てのご利用者様へ、ご無理のない範囲でアンケートをお願いしています。
葬儀を終えられたご家族と当社担当者の間に「信頼」が生まれ、事細かくご意見をお書き頂く場合が多く、社内では「アンケート会議」を致しております。
お客様からお寄せ頂いたご意見・ご要望が日々のサービス向上に生かされています。

お客様の声 ロングインタビュー

「医院長だった父の葬儀を終えて・・」

インタビューを読む

お客様の声一覧

「千の風」をご利用いただきましたお客様より、貴重なお言葉を数多く頂戴しております。ここにその一部をご紹介いたします。

結婚記念日のケーキを(鈴永様)

イメージ

8月1日がお通夜で、2日が母の告別式でした。実はその翌日の8月3日が両親の32回目の結婚記念日という話を、ディレクターの後藤さんが覚えていてくれていて…。「千の風」が用意してくれた、サプライズのメモリアルケーキのことは一生忘れることができないエピソードになりました。ケーキには、メッセージカードと32本の小さなロウソク。もう感動でした。母が残したパッチワークを告別式でアレンジしてくださったこと。会場となったリビング・ホールに愛用の品を展示してくださったことも、心に残る演出でした。「千の風」のみなさんには本当感謝しています。

クリスマスのサプライズ(坂口様)

イメージ

「クリスマスを家族で過ごす」これは、我が家で長年行っていた恒例行事。しかしその恒例行事を仕切ってくれていた、父の突然の死。クリスマスまではあとわずかな12月20日のことでした。私たち家族にとっては、2重の苦しみになってしまいました。混乱の中、手続きを経て、24日のお通夜を迎えたとき、なんと担当ディレクターの田中さんがクリスマスツリーとケーキ、それにシャンパンを持ってきてくれたんです。嬉しかった。家族全員で泣きました。父の棺を囲んで、家族と親しい身内だけの“最後のクリスマスパーティー”。生涯忘れることのできない一夜になりました。「千の風」が用意してくれていた、あのサプライズのおかげで、残された家族全員が前を向けた気がしています。

書道でお手紙を(里村様)

イメージ

祖父の実家は、九州。でも、就職で関西に出てきた祖父と、実家や親戚との付き合いはあまりありませんでした。私たちは祖父を、関西の家族だけで送りたかった。本当に親しい人たちだけでゆっくりと。「千の風」の後藤さんにそのことを話すと、力強くうなずいてくれました。また後藤さんは、書道が趣味だった故人様に、ご家族の想いを“色紙の筆書き”されませんか?と、アイデアを出してくれました。色紙には、「もっと話がしかった!」「夢でも良いからあって話をしたい」「旅行にもっと行きたかった」と次々にいろんな想いを銘々で書き連ねました。今思えば、その時の寄せ書きしたことで、気持ちの整理がついたのかもしれません。会場となったリビング・ホールも落ちついた雰囲気で、家族だけの時間をゆっくり過ごせたような気がします。「千の風」とディレクターの後藤さんには、プライスレスの時間を提供・提案してくれたことに感謝ですね。

のご葬儀:お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・
お問い合わせください!

見学・事前相談会

資料請求受付中

お得な会員特典

イメージ

生花・祭壇料金の割引
式場使用料の割引

など、お得な会員特典を
是非ご利用ください!

※エリアにより特典内容が異なりますので、各式場ページよりご確認ください。

葬儀費用のお支払い方法