通夜2016.06.25

■通夜
(1)受付開始会式の1時間前に開始します。
(2)僧侶到着
僧侶控室にお通しし茶菓子接待します。
(3)遺族・弔問客着席
喪主・遺族は早めに席に着き弔問客を迎えます。
(4)僧侶入場
進行係りが僧侶を式場に案内します。
(5)僧侶読経
読経の間、弔問客は耳を傾けます。
(6)焼香
喪主→遺族、親族→弔問客の順に焼香します。
(7)僧侶法話
僧侶が説法をします。
(8)僧侶退場
弔問客は座ったまま一礼し、見送ります。
(9)喪主の挨拶
喪主または遺族代表が弔問者に挨拶をします。

※地域・宗派・寺院によって順番は異なります。


■通夜ぶるまい
通夜の後、故人の供養の意味を込めて弔問客を飲食でもてなす地域もあるようです。仏教では忌明けまでは肉魚などの生ものは慎むとされていますが最近ではこだわらず弔問客がそれぞれに取りやすいものが重宝されています。また、最近では親族のみで行われることもあるようです。

1J9A4141


■葬儀告別式
(1)受付開始会式の1時間前に開始します。
(2)僧侶到着僧侶控室にお通しし茶菓子接待します。この時にご挨拶とお礼を渡します。
(3)遺族・弔問客着席喪主・遺族は早めに席に着き弔問客を迎えます。
(4)僧侶入場進行係りが僧侶を式場に案内します。
(5)開式の辞「只今より故○○○○の儀・・・執り行います。」と司会者が挨拶します。
(6)僧侶読経読経の間、弔問客は耳を傾けます。
(7)弔電紹介あらかじめ選んでおいた弔電を読み上げます。
(8)焼香喪主→遺族、親族→弔問客の順に焼香します。
(9)僧侶退場参列者は座ったまま一礼し見送ります。
(10)遺族代表挨拶喪主または遺族代表が参列者に挨拶をします。
(11)閉式の辞「これをもちまして故○○○○の儀・・・閉式でございます・・・。」と司会者が挨拶をします。
(12)お別れお花を手向けてのお別れの献花へと移ります。
(13)出棺遺族・親族・知人など男性の手で霊柩車に運び入れます。喪主・遺族はお見送りしてくれた会葬者にお礼の挨拶をします。

※地域・宗派・寺院によって順番は異なります。

1J9A4508