国民健康保険・健康保険(社会保険)・労災保険の手続き2016.06.14

■国民健康保険・健康保険(社会保険)・労災保険の手続き

<健康保険(社会保険)>
■埋葬料支給の手続き
窓口:勤務先 各年金事務所

支給対象:
実際に埋葬を行った者や扶養を受けていた者に対して支給される被保険者が資格を失って3か月以内に死亡の場合や定年、失職によって被保険者としての資格を失っている時に忘れがちなので注意

必要な条件:被保険者が死亡したとき

提出書類:
■「埋葬料支給申請書」または「埋葬費支給申請書」
■被保険者および火(埋)葬 許可証の写しまたは被保 険者の死亡に関する事業 主の証明証等

支給額:5万円

請求期限:2年

■家族埋葬料支給の手続き
窓口:勤務先 各年金事務所

支給対象:被保険者に対して

必要な条件:被扶養者が死亡した場合に支給される

提出書類:
■「家族埋葬料支給請求書」  死亡の事実に関する証拠 書類

支給額:政令により5万円

請求期限:2年

■埋葬費支給の手続き
窓口:勤務先 各年金事務所

支給対象:身寄りのない被保険者が亡くなった場合実際に葬儀を行った者に対して支給される

必要な条件:被保険者が死亡した場合に支給される

提出書類:
■埋葬費の支給請求の場合は これらのほかに埋葬に要 した費用に関する証拠書類 (会葬礼状・領収証)

支給額:埋葬料(5万円)の範囲内で実際に要した費用に相当する額

請求期限:2年

<労災保険>
■葬祭料の手続き
窓口:所轄労働基準監督署

支給対象:葬祭を行う者または 遺族に対して

必要な条件:業務上の傷病で死亡したとき

提出書類:
■「葬祭料請求書」または「葬祭給付請求書」
■死亡診断書・死亡検案書または検死調書の写し
■印鑑

支給額:315,000円に給付基礎日額の30日分を加えた額

請求期限:2年

<国民健康保険>
■葬祭費支給の手続き
窓口:住所地の市・区・町村の保険年金課

支給対象:葬祭を行う者または遺族に対して

必要な条件:被保険者が死亡したとき

提出書類:
■葬祭費支給申請書(保険証・印鑑)

支給額:※葬祭費は市区町村により異なる

請求期限:2年

■公的年金の手続き

<国民年金>
■遺族基礎年金 寡婦年金 死亡一時金の手続き
窓口:住所地の社会保険事務所または市区町村役場

必要な書類:
■住民票(世帯主全員の写し)
■故人の年金手帳
■戸籍抄本
■死亡診断書
■故人と受取人の関係を明確にできる戸籍謄本
■受取人の預貯金通帳

支給対象者:
①被保険者の18歳未満の子
②被保険者の妻であり
①の子と生計を同じくしている人

※このほか、支給対象者には年収や年金の納付期間など必要条件があります。
詳しくは手続きの窓口でお尋ねください。

請求期限:なるべく早く

<厚生年金>
■遺族厚生年金の手続き
窓口:故人の勤務先の社会保険事務所

必要な書類:
■住民票
■故人の年金手帳
■戸籍抄本
■死亡診断書
■故人と受取人の関係を明確にできる戸籍謄本
■受取人の預貯金通帳

支給対象者:
■被保険者の妻
■被保険者の夫・父母・祖父母
■被保険者の子
①未婚で死亡したとき18歳になった年度末までの間の子
②20歳未満で1級または2級の障害がある子

※このほか、支給対象者には年収や年金の納付期間など必要条件があります。
詳しくは手続きの窓口でお尋ねください。

請求期限:なるべく早く

■名義変更

名義を変更するもの → 手続き先
不動産(宅地・家屋など) → 法務局
自動車 → 陸運事務所
電話加入権 → NTT
株式 → 証券会社
預貯金 → 預貯金先

1J9A5955

行政書士による天光社・千の風式場での無料終活セミナーお気軽にご参加ください。
式場内覧会・終活セミナーを各式場にて開催。
詳しくはチラシ、ホームページでご確認ください。