危篤の連絡2016.06.30

危篤の連絡
危篤の連絡は緊急の事なので余計な挨拶は控え、
落ち着いて、来てもらいたい場所などを正確に伝えます。

■知らせる範囲と順番
(1)本人の両親
(2)本人の子ども
(3)本人の兄弟姉妹
(4)本人の祖父母
(5)配偶者の両親
(6)配偶者の両親姉妹
(7)本人の孫 遠方に住む両親へは乗り物の手配などがありますので早めに知らせます。

遠方に住む両親へは乗り物の手配などがありますので早めに知らせます。

1point_3

誰が(危篤者)
いつ どこで(病院などの所在地)
どうして(病名などの原因)
どうなったか(容体)
いつまでに来てほしいか

■本人の親しい友人・知人
本人が会いたがっている人がいればその人に早めに知らせてあげます。

1pointもしもの時に備えて

1J9A4434

もしもの時に慌ててしまわないように、事前に葬儀社に相談しておくと安心です。いざという時の流れや、費用について丁寧に詳しく説明させていただきます。天光社・千の風では、毎月100人以上の方が事前の相談に来館されてます。
お気軽にお電話ください。
※秘密厳守致します。