東大阪市での葬儀・葬式・家族葬は、千の風にお任せください

  • 創業62年 関西葬儀実績年間1,200件以上 当社が選ばれるには理由があります
  • 急な葬儀の手配も24時間365日受付中 無料電話0120-997-541
    東大阪のご葬儀:ご相談・お問い合わせはこちら

東大阪のご葬儀などの電話メール24時間365日受付中

  • 東大阪のお葬式:無料電話0120-997-541
  • 他葬儀社会員の方でもご登録いただけます
  • ご葬儀のお問い合わせ・ご相談 ご不明な点など、24時間受付中!

お役立ち情報

危篤の連絡2016.06.30

危篤の連絡

危篤の連絡は緊急の事なので余計な挨拶は控え、

落ち着いて、来てもらいたい場所などを正確に伝えます。

 

■知らせる範囲と順番

1)本人の両親

2)本人の子ども

3)本人の兄弟姉妹

4)本人の祖父母

5)配偶者の両親

6)配偶者の両親姉妹

7)本人の孫

 

遠方に住む両親へは乗り物の手配などがありますので早めに知らせます。

 

 

1point_3

 

誰が(危篤者)

いつ

どこで(病院などの所在地)

どうして(病名などの原因)

どうなったか(容体)

いつまでに来てほしいか

 

■本人の親しい友人・知人

本人が会いたがっている人がいればその人に早めに知らせてあげます。

 

1point もしもの時に備えて

 

1J9A4434もしもの時に慌ててしまわないように、事前に葬儀社に相談しておくと安心です。いざという時の流れや、費用について丁寧に詳しく説明させていただきます。天光社・千の風では、毎月100人以上の方が事前の相談に来館されてます。お気軽にお電話ください。

 

※秘密厳守致します。

 

 

臨終を迎えたら2016.06.29

もしもの時は、下記フリーダイヤルにご連絡ください。(24時間365日受付)

 

千の風 0120-997-541

 

(1)寝台車でお迎えにあがります。

知識豊富なスタッフがご家族をサポート致します。

 

(2)式場・ご自宅へご安置いたします。

ご自宅の場合は敷き布団をご用意ください。

菩提寺※がある場合はお寺に連絡します。

 

(3)枕経

枕飾りを整える。

枕経をあげていただきます。

 

(4)打ち合わせ

日程・お葬儀の内容を担当者がお打合せさせていただきます。

 

1J9A4405

 

【用語の説明】

※菩提寺

代々その寺の宗旨に帰依して先祖の位牌を納めてある寺。

 

火葬許可書

死亡診断書の左側「死亡届」欄に記入し市役所に提出し火葬許可証をもらいます。火葬の際、火葬場に提出すると埋葬許可証として戻ってきます。納骨の際必要な書類なので大切に保管します。

 

 

1point  死亡届の手続きは当社で代行いたします。

 

■死亡診断書・・・左側の死亡届欄にご記入いただきます。

■印鑑(認印)・・・死亡届・火葬場で使用します。お預かりしてもよい認印をご用意ください。(シャチハタ以外の認印)

■火葬料金・・・市によって異なります。 ※料金は当社へお問い合わせください。

通夜・葬儀の準備2016.06.28

■喪主の決定

喪主は遺族の代表として葬儀を主催し弔問を受けるのが務めです。喪主は故人に最も血縁が近い人が務めるのが普通ですが、故人が既婚者の場合は配偶者がなります。配偶者が既に亡くなっていたり病気や高齢で務まりそうにない時は、子供(長男や次男)が喪主を務めます。喪主は葬儀後の法要なども主催しますので慎重に選びましょう。

 

■遺影に使う写真を選ぶtuya1
顔がはっきりと写っているものを選びます。

故人の人柄が偲ばれるものが良いでしょう。

 

■葬儀日程の連絡

家族や親族だけで知らせたい人全員に連絡するのは難しいので、特に親しい数名に連絡し他の人への連絡もお願いします。ただし、直属の上司や特にお世話になった方には直接連絡するのが礼儀です。

 

■受付の依頼

受付で弔問客や会葬者の応対をし、香典の受け取り・芳名録の管理をします。

 

■湯灌の儀・納棺の儀

湯灌の儀式は、故人の生前のけがれや苦しみを洗い清めると共に、生に対する執着を断ち、来世の高徳を故人に最もゆかりの深い人達が願いながら執り行う極めて大切なしきたりです。

湯灌後は故人が生前に愛用していた衣服や旅立ちにふさわしいお姿に整えてさしあげ、お化粧をします。その後ご家族と一緒にご納棺させていただきます。

 1J9A3848

 

 

【用語の説明】

戒名と法名

戒名(法名)とは仏の弟子になった証として与えられる仏名のことです。

戒名は宗派によって呼称が異なります。浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」、その他の宗旨では「戒名」と呼ばれています。

 

生前戒名

戒名は本来生前に授かる仏教徒としての名前ですから生きているうちに授かることができます。

 

自警戒名

戒名は必ずしも僧侶から授けられるのものではありません。自らの立てた誓いにふさわしい名前を自分自身で戒名とするものを自警戒名といいます。しかし菩提寺とのトラブルの原因になりますので事前に相談しておきましょう。

家族葬を行う上での注意点2016.06.27

家族葬とは、家族が主体となり親族・親しい知人のみで行う儀式です。

 

会社関係・町内会などに声をかけないで、何よりも故人とのお別れの時間を大切にすることができます。

家族葬は、単に葬儀規模を小さくしたものではありません。

 

家族葬は、故人と家族・知人とのお別れを大切にした葬儀です。

故人と本当に親しかった人達は、今後の家族にとっても大切な方々です。

それだけに、故人とお見送りしていただける方々の思いを

大切にした葬儀にしたいものです。

 

kazokuso1

 

1point 家族葬については、より具体的なご相談をおすすめします。

 

「思いがけない人脈や人徳」があり、家族葬が済んだ後で故人を慕う方が次々に自宅を訪問され、残されたご家族が対応に困ってしまったという声を聞くことがございます。

家族葬の場合、後々のことも考慮し、慎重にプランを検討した上で行うことをおすすめします。

もし、心配な点がございましたら「天光社・千の風」の事前相談をご利用ください。ご要望をお伺いしながら費用や必要なお手続き等のアドバイスをいたします。

各式場はもちろん、ご希望の場所にお伺いしてのご相談も無料で承っております。

 

1J9A4434

通夜・葬儀告別式2016.06.26

■受付係

芳名録の記帳や香典の受け取りをします。

 

●お悔やみの言葉を述べられたら遺族に代わって丁寧に返礼します。

●会葬者から受けた香典は、会計係や喪家など必ず顔見知りの人に渡します。

●会葬者に尋ねられた時のために、控室やお手洗いの場所も把握しておきます。

●会葬者が一度に大勢来ることもありますので2〜3人で対応します。

 

tuya2

 

■会計係

現金を管理します。

●表書きの名前と金額が一致しているか確認します。

●通夜・葬儀とそれぞれ会計します。

 

■席次

ふつうは祭壇に向かって右側が遺族・親族で喪主から順に血縁の深い順に座ります。左側には各種団体代表者・参列者が座ります。家族葬の場合は左右の前列から順に座ることが多いようです。

 

sekiji

 

■焼香順位

地域によって風習は様々ですが、担当者が喪主様と相談して決めさせて頂きます。

施設写真

  • 式場写真:祭壇
  • 式場写真:参列お席
  • 式場写真:リビング・ダイニング
  • 式場写真:控え室
  • 式場写真:キッチン