「千の風」をご利用頂きましたお客様インタビューです。

お客様ロングインタビュー

お客様の声 ロングインタビュー

「医院長だった父の葬儀を終えて・・」

父や家族の意向を汲んだ対応

「堅苦しくなく大げさなことは避けたい」そんな父のお葬式。

イメージ

私たちは一家で医院を営んでおり、父はその院長。決まった宗教を信仰することもなく、堅苦しいことを嫌う父でした。「父らしいお葬式はどんなもの?」そう家族で話し合い、宗教にとらわれない家族葬というかたちを選ぶことにしました。

自宅は病院を兼ねています。ですから父が亡くなった時、最初に「病院は人の健康をつかさどり、身体を診る場所だから、周囲の方々に知られることなく、父を家に連れ帰ってあげたい」ので『目立たず』というお願いをしました。すると千の風は、喪服でない服装で来て、深夜にひっそり自宅へ安置してくれました。

父と家族だけの「思い出」の食事会

千の風との打ち合わせでは、父との思い出を尋ねられました。うちは、母も長男の私も医師なんです。病院では、医師である家族が交代で診察を行っていました。だから家族で旅行にも行けませんでしたし、みんなで食事を楽しむ機会もほぼなかった。
ディレクターの朝野さんに頼んだのは、「堅苦しい儀式はせず、最後に家族だけでゆっくり過ごしたい」ということでした。すると朝野さんは、父を囲んだ「食事会」を提案してくれました。

自宅のリビングのような空間で

イメージ

家族で語り明かした一夜
お通夜当日の式場には、祭壇の側に父の写真や、趣味で描いた絵をきれいに並べて飾ってくださっていました。ホールの中央には父の眠る棺があり、その周りにはソファとテーブル。会場に流れてる音楽は、父がよく聞いていた音楽でした。 私たちは自宅にいるような感覚になり、くつろいで食事とお酒を楽しみ、父の思い出話をしながら、明け方まで語り明かすことができました。

形式ではなく、心で送った証

イメージ

翌朝も診療予約があったので、千の風さんには、早朝に告別式を行うようにお願いしました。告別式とはいうものの、特段変わったことはしませんでした。離れて暮らす家族で集まり、眠る父と一緒に父の好きな紅茶の銘柄を楽しみました。

みんなが落ち着いたころ、ディレクターの朝野さんが出棺の時間だと告げてくれました。お棺にお花や思い出の品を納めます。「父とここで分かれるんだ…」、そんな思いで、家族一同涙しました。思えばこのお葬式で、初めての涙だったように思います。振り返れば、父とゆっくり過ごすのは、これが最初で最後かもしれない。父を囲み、家族一同手を合わせる。それで十分。いやむしろそれが父の希望のはず。そう考え、かまえて特別なことをしなかった。だからこそ、父と共に充実した時間を過ごすことができたのだと思います。皆の涙は、心で送った証だと実感しました。

のご葬儀:お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・
お問い合わせください!

見学・事前相談会

資料請求受付中

お得な会員特典

イメージ

生花・祭壇料金の割引
式場使用料の割引

など、お得な会員特典を
是非ご利用ください!

※エリアにより特典内容が異なりますので、各式場ページよりご確認ください。

※ご逝去後のご入会はできません。

葬儀費用のお支払い方法